TuneClone Audio Converter ソフトフェア

仮想のCDドライブを使って、ミュージックファイルをMP3に変換できます

TuneClone Audio ConverterはiTunes M4P、WMA ミュージックファイルをMP3に変換できるツールです。インストールもごく簡単で、使いやすいインタフェースを持っています。
ダウンロード  |  今購入

Rm、Flvなどから音声を抽出して、mp3、wma、wavとして保存する方法について

次のチュートリアルはtunecloneとrealplayerを使って、動画から音声を抽出して、mp3,wma,wavとして保存する方法について説明します。

ステップ 1.http://jp.tuneclone.comからTuneCloneをタウンロードして、インストールします。

TuneClone はWindows XP、Windows 7 32/64ビットとVista 32/64ビットOSで動作できます。仮想cdドライブはインストールされます。ファイルをこの仮想cdドライブに書き込んで、変換します。

ステップ 2.RealPlayerを起動して、「書き込み」ボタンをクリックします。下のように「オーディオCDライター」に設定します。

Realplayer「書き込み」の設定をする

ステップ 3.「オプションの編集」をクリックして、下のような画面が出てきます:

デフォルト書き込み用ドライブの設定

「詳細オプション」をクリックします。下のようにデフォルト書き込み用ドライブを TuneClon Virtual_CD-RW.に設定します。


Realplayer デフォルトCD用ドライブの設定

ステップ 4.書き込み開始。

ホームに戻して、ファイルをプレーリストに追加します。それから、「CDへの書き込み」ボタンをクリックします。

Real Player書き込みが始めてから、TuneCloneは自動的にファイルをMP3に変換します。最後にスクリーンマネージャーに変換されたファイルがあります。


TuneClone 書き込み

CDドライブを選択することはもっとも大切なステップです。次はTuneClone Audio Converterは自動的にファイルを変換します。

沢山のファイルを一括して変換するにも本当に簡単です。普通のCD一枚の容量は74分ですから、プレーリストにいくつかの動画を追加した場合、容量以内の動画の「転送ステータス」は「書きこみ準備完了」で、別なのは「フィットしない」なのです。一回には「書きこみ準備完了」の動画だけ書きこみできます。終ってから、realplayerのインタフェースの左には下のような画面が出ます。「新しい書きこみを行う」をクリックして、次はまた「CDへの書きこみ」を押せば、書きこみは続きます。(この前はもう全部設定しましたから、二度設定は必要ないです。)

TuneClone一括書き込み

他のTuneCloneチュートリアルはhttp://www.tuneclone.com/guide.phpに行ってください。


ダウンロード  |  今購入
TuneCloneをダウンロードして、WMAとiTunes M4PをMP3,WAVに変換します

ニュース

ガイド

iTunes11でM4PをMP3に変換

iTunes10でM4PをMP3に変換

iPodに向けWMAをMP3に変換

iTunes M4PをGoogle Phoneで再生

iTunes M4PをPS3で再生

iTunes M4PをPlayBoxで再生

iTunes M4PをXoomで再生

Rm、Flvなどから音声を抽出して、mp3、wma、wavとして保存する方法について

CD消費なく、仮想CDで音楽を変換

iTunes M4PはBlackBerry Stormで再生

iTunes M4PはZuneで再生

iTunes M4PはPSPで再生

iTunes M4PはWindows Movie Makerで再生

AACをMP3にコンバート

TuneCloneレビュー

ipodに向けNapster音楽を変換

MacでM4PをMP3に変換

MacでM4AをMP3に変換

MacでAACをMP3に変換

Macでitunes10を使って、無料iPhone着信音を作る

フィードバック

「ずっと前からItunesファイルをwalkman mobile phoneで再生したい。でも、ただひとつの方法がある。まずはCDに焼いて、次はリッピングする。長い時間をかかる上に、沢山のミスとCDの無駄にもなる。この今からは万事順調。」 -- David

ブックマーク